クレカ現金化の「商品買取方式」はなぜ即日現金化できない?

クレカ現金化の種類の1つである「商品買取方式」は、実はクレカ現金化では一番メジャーな方法である。
 

しかし「商品買取方式」でクレカ現金化する場合、即日現金化はできないと思ったほうが良い。
 

このページでは「その理由」を、商品買取方式の仕組みと一緒に説明していこう。
 

 

商品買取方式のクレカ現金化ってどんな仕組み?

商品買取方式のクレカ現金化ってどんな仕組み?

まず、「商品買取方式の仕組みが分からない」という人のために、簡単に説明をしておこう。
 

クレカ現金化の商品買取方式は、「質屋」や「パチンコ屋」の仕組みに似ている。

 

自分が買った商品を質屋に入れると「買い取ってくれ現金が手に入る」というのは、皆知っているだろう。
 

クレカ現金化の商品買取方式のクレカ現金化の場合、クレカで買った商品を、商品買取方式業者が買い取ってくれる仕組みだ。

 

「なんでこんな手間のかかる方法で現金化する必要があるの?」と疑問に思った人もいるだろう。
 

それはパチンコ屋の換金所を例に出すと分かりやすい。

 

パチンコ屋の場合、「パチンコ玉を直接、お金に換えて支払ってしまうこと」は法律的にグレーである(思いっきりギャンブルになるから)
 

なので、いわゆる「換金所」を一度はさむことで、「パチンコ玉→商品→現金」という仕組みをとって現金を手にすることができる。

 

クレカ現金化もコレに近い感じであり、「クレジットカードで買い物したものを買い取る」という形式にして、あえて「融資」「借り入れ」とは違う形で現金が手に入るのだ。
 

「融資」「貸付」とは違う形式のため、総量規制に縛られることもなく、ブラックや多重債務者でも「クレカのしゅおっピング枠」さえあれば現金を手にすることができるのだ。

 

ちなみに、「クレジットカードで買った商品を買い取る」という形にしないでお金を渡してしまうと、「貸金業法違反」に業者側がなってしまい、逮捕される。
 

そのため「クレカで買った商品を、商品買取業者が買い取る」という方法を取っているというわけだ。

 

このように、「商品買取方式」というのは名前の通り、「クレカで買った商品を業者に売って、現金を手に入れる方法」というワケだ。

 

商品買取方式が基本的には即日現金化できない理由

商品買取方式が基本的には即日現金化できない理由
商品買取方式のクレカ現金化は、残念ながら即日現金化は難しい。
 

その最大の理由は「商品を買い取って、もらうまで時間がかかるため」だ。

 

結局、商品買取方式のクレカ現金化は「商品が届き、それを売る」までは現金がもらえない。
 

そのため即日に現金化できないのだ。

 

「商品を買い取るのは決まっているんだから、すぐお金もらえないの?」と思う方もいるかもしれない。
 

しかし、商品買取方式でクレカ現金化する場合、業者側は「商品を買い取り成立後」にお金を支払わなければ、貸金業法違反になり警察にパクられる

 

また、どんなに手際よくクレカ現金化の流れを行っても、土日祝はクレカ現金化業者の店舗がやっていない場合もあるので、即日現金化は難しいのだ。
 

即日でクレカ現金化をしたいのであれば、キャッシュバック方式のクレカ現金化業を選ぶのがオススメだ。

 

詳しくは下記ページを読んでみてくれ。

⇒クレカ現金化キャッシュバック方式の仕組み!なぜ即日現金化できる?

 

amazonギフト券買取の業者なら即日現金化できる場合も

「商品買取方式では即日現金化はできない」と上記で述べたが、実は限定的に即日現金化する方法が存在する。
 

それは、「amazonギフト券買取の専門業者」で現金化する方法だ。

 

そもそも、amazonギフト券というのは、「実際に紙でできた券」があるわけではなく、アマゾン内でお金として使用できる「ポイント」を売っていると思ってくれ。
 

いわゆる、amazonネット内で使える商品券(電子マネー)だ。

 

これは、専用コードやID番号を記入するだけで利用ができるので、商品として受け渡すという手間がなく、買取業者も即日受けとれるというわけ。
 

そのおかげで、商品買取方式のクレカ現金化でも、即日現金化が可能になっている。

 

しかしこの方法は、amazon会社側も周知しているため、高額のギフト券はamazon側が警戒してすぐに送ってこないようになっている。
 

また、amazonギフト券は「一回に5万円までしか購入することができない」という使用になっており、何度も購入しているとクレジットカードが停止になる場合もある。

 

実際に、クレカ現金化できる金額としては数万円しか行えないし、クレカ会社やアマゾンに目を付けられやすいというリスクもあるので、しょうじきなところオススメではない。

 

商品買取方式は様々なリスクが高いので注意

商品買取方式は様々なリスクが高いので注意
クレカ現金化の商品買取方式は、簡単に利用ができる一方で「様々なリスク」もある。
 

今回は、商品買取方式のデメリットを3つにまとめてみた。
 

利用する前に、しっておかないと損をすることもあるのでしっかり目を通すように。

 

カード停止になる確率が非常に高い

クレカ現金化の商品買取方式の一番のリスクは「クレジットカードの利用停止になりやすいこと」だ。
 

そもそも、クレカ現金化はクレカ会社からは、「クレカ現金化のは行ってはいけないと利用事項」に記載されている。

 

「実際そんなバレないでしょ?」と思うかもれないが、大手クレカ会社を甘くみてはいけない。
 

実は、クレジットカード会社は、「クレカ現金化ので購入されやすい商品」を常にリストアップしているのだ。

 

なので、クレカ現金化の業者から指定される商品(ブランド物・ゲーム機・金券・新幹線の回数券)を買い続けていると、すぐさまクレカが利用停止になることが多々ある。
 

一回利用停止されたクレカはなかなか復活できないし、信用情報に残るため、今後クレカを作りにくくなる。

 

クレカ現金化の商品買取方式は、常にリスクが高いことは覚えておこう。

 

手間がかかるし、高額を現金化しにくい

上記でも書いたように、クレカ現金化業者から指定される商品は、換金率の高い商品になっている。
 

ちなみに換金率が高い商品というのは、「買ってもすぐに売れる需要の高い人気商品」ということだ。

 

しかし、クレカ現金化をするために換金率が高い商品をクレカで買えば、クレカ会社に目を付けられやすい。
 

そうなると、それ以外の「換金率がそこまで高くないが、クレカ会社に目を付けられにくい商品」を狙わなければならなくなる。

 

ただ、それだと換金率は悪く、キャッシュバック方式に比べ、高額を現金化しにくい。
 

このように、商品買取方式のクレカ現金化は安全性をとれば手間もかかるし、高額を現金化したい場合はちょっと向いてないのだ。

 

商品買取方式のクレカ現金化はリスクが比較的高く、それを避けようとすると旨味が減るので注意しよう。

 

今後、法改正が行われた場合、違法になることも

正直な話、商品買取方式のクレカ現金化は「法律的にグレー」な部分がある。
 

しかし、今のところは違反ではないし、最悪クレカ利用停止が一番のリスクだ。

詳細はこちらのページを参考に⇒クレカ現金化は違法?犯罪なの?逮捕される危険性はある?

 

ただ、仮にクレカ現金化に対する法改正が行われた場合、違法になる可能性があることは覚えておこう。
 

特に商品買取方式は、商品を受けとるタイミングを間違えただけでも、違法になる。

 

法律が少し変わるだけでも、リスクが増える可能性を忘れてはいけない。