悪徳クレカ現金化業者の詐欺の手口!こんな業者には注意!

クレカ現金化をする上で、まず注意しなければいけないことがある。
 

それは、悪徳クレカ現金化業者が一定数いて、詐欺にあう可能性があるということだ。
 

実際の詐欺の手口や、悪徳業者の注意点を知り、ひっかからないように注意しよう。
 

あと出しで「法外な手数料」を請求してくる

悪徳クレカ現金化業者の手口のひとつに、「法外な手数料」を請求してくる場合がある。
 

この場合、その業者のホームページに記載されてある手数料と違い、最後に受け取る金額が低くなっているケースだ。
 

しかも、なにかとつけて「サービス料」などの不明瞭な手数料を追加してくるのだ。

 

他にも「換金率が異常に低い」場合もあるので注意しよう。
 

この場合、最初に念を押して「手数料」や「最後に受け取る金額」を確認し、また、契約書類にも最初から最後まで目を通すことは確実に行ってくれ。

 

これらの対処法を取れば「法外な手数料」の請求を回避することができる。

 

謎の理由を付けて換金率を下げられる

これは「業者側が最初に歌っていた換金率」よりも低い換金率で、振り込みをしてくる手口だ。
 

これに対して文句を言うと、よく分からない理由を並べ「これらの理由から換金率が低くなりました」と丸め込もうとしてくるのだ。

 

利用者側が訴えようにも、「クレカ現金化は法的にグレー」ということで、泣き寝入りせざるをえない場合もある。
 

これに対しての対策としては、最初に「実際の振込金額」をちゃんと確認しておくしかない。

 

クレカ現金化業者側の言いなりになり過ぎないように注意しよう。

 

入金を分割払いにしようとしてくる

クレカ現金化業者から、「入金を分割払いで」といってきたら、悪徳クレカ現金化業者でほぼ間違いない。
 

そもそも、分割払いにすること自体おかしい話だ。

 

この場合、最初に少額のお金を払い、そのあとバックレられることがほとんどである。
 

分割払いと言いながら、そもそも入金されないパターンも。
 

クレカ現金化を利用するときには、「一括払いしてくれるクレカ現金化業者」以外は利用するな。

 

クレカのセキュリティコードを聞いてくる

悪徳クレカ現金化業者の中には、クレジットカードの情報を盗もうとしてくる場合が存在する。
 

手口としては、「クレカのセキュリティコードを聞いてくる」、または「クレカのコピーを取られる」…などだ。

 

クレカ現金化には、クレジットカードと身分証明証以外は必要ない。
 

詳細はこのページを参考に⇒クレカ現金化ってどんな仕組み?どんな方法がある?利点は?

 

実際に、クレカ現金化する方法は、クレカで買い物するのと変わりないだろう。
 

もし、セキュリティーコードを聞いてきたり、コピーを取られる場合は、その業者がアナタの情報を盗もうしている証拠。

 

最悪の場合、クレカの不正利用されてしまうだろう。
 

このような動きがあった場合、ただちに、その業者での利用をやめたほうが良い。

 

年収や世帯情報などの個人情報を聞いてくる

何度も説明しているが、クレカ現金化には、クレジットカードと身分証明証の2つ以外は必要ない。
 

それ以外の情報を聞き出そうとしてきた場合、悪徳クレカ現金化業者の可能性が高いだろう。

 

特に、個人情報に関する年収や世帯情報などは、クレカ現金化には全く必要がない。
 

これらの情報を必要とするのは「金貸し業者」などが多いため、クレカ現金化業者という名前を隠れ蓑にした闇金だったりすることも。

 

また、それらの個人情報を闇金融に売り飛ばす悪徳クレカ業者もいるので、注意が必要だ。
 

もし、年収などの個人情報を聞かれることがある場合、「なぜその情報が必要か?」を確認しよう。

 

たぶん明確な答えは返ってこないので、そこは悪徳クレカ現金化業者である。

 

キャンセル料がかかる。しかも高い

悪徳クレカ現金化業者は、とにかく少しでも多くのお金をせしめようとしてくる。
 

もし、仮にクレカ現金化の利用をキャンセルしようとした場合、あまりにも高いキャンセル料を取られる場合は、悪徳クレカ現金化業者だ。

 

そもそもキャンセル料なんか取れれないところがほとんどである。
 

ちなみに、こういった悪徳クレカ現金化業者は、キャンセル料は完全に言い値でふっかけてくるだろう。

 

キャンセル前提で、現金化することはないだろうが、何かあった時のために、「キャンセル料がかかるかどうか?」の確認を事前に怠らないように。

 

土日祝の申込だと換金率を低くされる

「土日祝の申込は、うちの会社お休みなんで、手数料として換金率が低くなります」…そんなことは、通常ありえない、と覚えておこう。
 

優良なクレカ現金化を謳っていても、「換金率低くする」と言ってきた場合は速やかに、クレカ現金化業者の変更をオススメする。

 

それをきっかけに、ほかにも手数料なども高くするなどの、悪徳な手口をする可能性があるからだ。
 

「常に決められた換金率をしっかり守ってくれる」ような優良クレカ現金化業者を選ぼう。

 

電話対応が適当。こちらの質問の回答が曖昧

悪徳クレカ現金化業者の判断材料として、電話対応が適当なところは避けたほうが無難だ。
 

まず、サービス業としての基本が滞っている会社は、しっかり社員教育をしていない証拠。

 

悪徳クレカ現金化業者は、最小限の努力で、お金を巻き上げようとするシステムで動いている。
 

なので、社員教育などは最低限のことしか行っていないだろう。

 

電話でこちらの質問に対しても、しっかりした返答が得られないのも危険だと言える。
 

そんな業者は何かトラブルが起きた場合、ちゃんと対応してくれないだろう。

 

悪徳クレカ現金化業者の、判断で一番手軽にできるのもなので、まず電話対応を確認してみよう。

 

「高収入アルバイト」を謳い、応募者にクレカ現金化させバックレる

以前、悪徳詐欺業者がクレカ現金化を使った詐欺があった。
 

それは「高収入アルバイト」を謳い、応募者にクレカ現金化させるという手口だ。

 

内容は、「自宅にいても、高収入アルバイトで月50万円必ず儲かる」というもの。
 

その手口としては、まず「最初のパソコン設備代で50万必要」と言われる。

 

50万がすぐに用意できないと伝えると、クレカ現金化で分割払いしながら、クレカ現金化で購入して欲しいと業者から言われるのだ。
 

バイトですぐ50万稼げるので、問題がないと念を押され話を信じ、クレカ現金化すると購入したパソコンは届く。

 

だが、肝心の高収入アルバイトの話は一向に進まず、詐欺と気付いたときには、時すでに遅しの状態。
 

このような詐欺で、クレカ現金化が使われるパターンもあるのだ。

 

うまい話には、必ず裏があるので信じすぎるのは危険だぞ。

 

クレカ現金化版の「振り込め詐欺」もあるので注意

上記の内容とは違い、「一回利用させ、信じさせた状態」で行われたクレカ現金化の詐欺パターンもある。
 

通常のクレカ現金化と同じように、初回は問題なく現金化できてお金が振り込まれる。

 

だがその後「この金額を指定口座に振り込めばさらに、ショッピング枠の増額ができる」という、利用者からは願ってもない話を持ちかける。
 

もちろん、ウソの話なので、振り込んだら最後、そのままバックれられ連絡がつかないという手口だ。

 

また、2回目以降のリピーターに対し「別の口座(個人口座)にお金を振り込んでもらえれば、前回より高い換金率で現金化できますよ」と話を持ち掛け、振り込ませた後にそのままバックレるパターンもある。
 

一回信じこませた状態からの、詐欺は悪徳クレカ現金化業者の常套手段だ。

 

そのほか、「このカードはブラックになっているから使えない」と言われ、「保証金を入れるとブラックリストを解除できる方法がある」といって保証金を振り込ませようとしてくるパターンも。
 

あの手この手で振り込ませてくるので、普段のクレカ現金化と違う流れがあった場合、どんな上手い話でものらないように。